速攻で効果をコツは、筋肉を追い込むこと

短期間で筋肉をつけるためには、限界まで刺激を与えることが大切になります。これには専門的なトレーニングを行う必要がありますが、そのような環境が無い場合には、自宅で手軽に行うことが出来ます。そのトレーニングの方法は、スロートレーニングです。これは動作を出来る限りゆっくり行うことにより、高強度の筋力トレーニングを行った時と同じような状態を作り出すことが出来るのです。

 
スロートレーニングの特徴としては、ゆっくりした動作でトレーニングを行い、血流を制限することになります。これにより、通常のトレーニングよりも、はるかに多くの疲労物質を作り出すことが出来るのです。その結果高強度のトレーニングで、限界まで追い込んだときと同じぐらいの疲労物質を生み出すことが出来るのです。

 
この疲労物質の量の多さが、スロートレーニングの特徴なのです。疲労物質が多ければ多いほど、成長ホルモンが出やすくなるのです。成長ホルモンには、筋力をつけたり、また脂肪の燃焼を促進してくれる働きがあります。なので成長ホルモンが多く分泌されるほど、ダイエットに効果を発揮してくれることになるのです。なのでスロートレーニングにより、安全に筋肉を限界まで刺激することが有効なのです。

コメントは受け付けていません。