筋トレをしても体重が減らない場合の原因は?

ダイエットのために筋トレをがんばっても、なかなか体重が落ちないことがよくあります。そういった時は、体脂肪や筋肉量が測定できる体組成計で測定しているでしょうか。あるいは、身体のサイズは測っているでしょうか。

 
脂肪と筋肉では筋肉のほうが比重が重いので、正しい筋力トレーニングの結果、脂肪が落ち筋肉がついていたら、体重が変わらない場合がよくあります。場合によっては増えることもあります。

アーモンド
しかし、体積は脂肪より筋肉のほうが断然少ないので、健康的に筋肉のついた身体は引き締まり、サイズは落ちているはずです。女性の体は胸や腰など脂肪がつきやすい部位がありますが、それ以外の部分、例えばウエストや脚が締まりサイズが落ちたら、理想的なプロポーションと言えます。

 
また筋肉がつくと、基礎代謝量が増え、脂肪が燃えやすくなるので太りにくい身体になったと言えます。

 
体重に固執しすぎるダイエットはあまり良いダイエットとは言えません。ダイエットで大事なのは単純な身体の重さではなく、身体のサイズでありプロポーションであり、今後太っていかない身体であると言えるので、筋力トレーニングで健康的な筋肉をつけることは理想的なダイエットです。

コメントは受け付けていません。