‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

速攻で効果をコツは、筋肉を追い込むこと

2014/09/23

短期間で筋肉をつけるためには、限界まで刺激を与えることが大切になります。これには専門的なトレーニングを行う必要がありますが、そのような環境が無い場合には、自宅で手軽に行うことが出来ます。そのトレーニングの方法は、スロートレーニングです。これは動作を出来る限りゆっくり行うことにより、高強度の筋力トレーニングを行った時と同じような状態を作り出すことが出来るのです。

 
スロートレーニングの特徴としては、ゆっくりした動作でトレーニングを行い、血流を制限することになります。これにより、通常のトレーニングよりも、はるかに多くの疲労物質を作り出すことが出来るのです。その結果高強度のトレーニングで、限界まで追い込んだときと同じぐらいの疲労物質を生み出すことが出来るのです。

 
この疲労物質の量の多さが、スロートレーニングの特徴なのです。疲労物質が多ければ多いほど、成長ホルモンが出やすくなるのです。成長ホルモンには、筋力をつけたり、また脂肪の燃焼を促進してくれる働きがあります。なので成長ホルモンが多く分泌されるほど、ダイエットに効果を発揮してくれることになるのです。なのでスロートレーニングにより、安全に筋肉を限界まで刺激することが有効なのです。

筋肉をつけると痩せるのは何故?

2014/09/23

筋肉を鍛えることにより、痩せることが出来るのは、基礎代謝を向上させることが出来るからです。これは何もしていない状態でも、体の生命維持に必要な消費カロリーを増やすことになるのです。これがダイエットにおいて有効に働いてくれるのです。

 
しかしそれ以上にもっと大切なのが、活動代謝を増やすことも出来るからです。これは行動を行う際に必要な消費カロリーです。筋量が多い人ほど、体を動かすたびに消費されるカロリーが多くなります。なので体を積極的に鍛えることが、ダイエットにつながるのです。

 
また筋量を増やす運動を行うことにより、成長ホルモンの分泌量が増えることになります。成長ホルモンは脂肪を燃焼することに役に立ってくれるのです。分泌されればされるほど、脂肪が燃焼されやすい体になり、また肌を美しくしたりなどのアンチエイジング効果を発揮してくれます。このホルモンは、有酸素運動ではほとんど分泌されることはありません。無酸素運動を行うことにより、大量に分泌されることになります。そのため筋力トレーニングを行うことは、成長ホルモンの分泌量を増やしてくれるために、これが体脂肪の燃焼につながるために、痩せることが出来るのです。

ダイエットのために効果的なトレーニングの頻度は?

2014/09/23

いちごダイエットの為に効果的なトレーニングのペースは、最初は週に二回ほど行い、最終的には中一日で行うことです。これは筋力トレーニングを行うことにより、筋肉の回復の速度を向上されることになるからです。しかし効率良く筋肉を鍛えるためには、トレーニングを行わずに、回復に専念させる日を作ることも大切になるのです。そのためには最低でも一日の休みを挟まなければならないのです。

 
トレーニングを始めたころには、筋繊維が激しいトレーニングに対して、あまり慣れていないために、回復力がとても遅いのです。そのため筋肉痛が長くなってしまい、回復を刺せるために多くの時間が必要になるのです。その結果筋トレのペースが遅くなってしまうことになります。このような場合には、決して無理をしてはいけません。筋肉痛が無くなるまでしっかり休むようにしましょう。例え一週間筋肉痛が続いたとしても、最初のうちは無理をしてトレーニングをする必要はありません。

 
筋肉痛が無くなり、そしてトレーニングを行う、という習慣を続けていくと、筋肉痛が無くなるまでの期間が少なくなります。その結果より高頻度でトレーニングを行うことが出来るのです。そして最終的には一日の休みで充分な体にすることが出来るのです。

筋トレをしても体重が減らない場合の原因は?

2014/09/23

ダイエットのために筋トレをがんばっても、なかなか体重が落ちないことがよくあります。そういった時は、体脂肪や筋肉量が測定できる体組成計で測定しているでしょうか。あるいは、身体のサイズは測っているでしょうか。

 
脂肪と筋肉では筋肉のほうが比重が重いので、正しい筋力トレーニングの結果、脂肪が落ち筋肉がついていたら、体重が変わらない場合がよくあります。場合によっては増えることもあります。

アーモンド
しかし、体積は脂肪より筋肉のほうが断然少ないので、健康的に筋肉のついた身体は引き締まり、サイズは落ちているはずです。女性の体は胸や腰など脂肪がつきやすい部位がありますが、それ以外の部分、例えばウエストや脚が締まりサイズが落ちたら、理想的なプロポーションと言えます。

 
また筋肉がつくと、基礎代謝量が増え、脂肪が燃えやすくなるので太りにくい身体になったと言えます。

 
体重に固執しすぎるダイエットはあまり良いダイエットとは言えません。ダイエットで大事なのは単純な身体の重さではなく、身体のサイズでありプロポーションであり、今後太っていかない身体であると言えるので、筋力トレーニングで健康的な筋肉をつけることは理想的なダイエットです。

頑張っても痩せないアナタ、何を飲んでいますか?

2014/09/23

ダイエットに必要なことは適度な運動とバランスのとれた食事となります。
摂取カロリーよりも消費カロリーが増えた場合、本来ならば順調に痩せることができます。
ですが中には運動をしてもなかなか痩せないという人がいます。
そんな人たちの落とし穴として毎日飲んでいる飲み物が注目されています。葉03
水だけしか飲まなかった場合、カロリーはなくダイエットに影響をきたすことはありません。
しかしジュースなどを飲んでいる場合、そのジュースには糖質が多く含まれていることがあります。
糖質が多い食べ物の場合GI値が高くなり、体に脂肪がつきやすくなってしまいます。
運動をしてバランスのとれた食事をしているのになかなか効果が現れない場合はこうした間食を見直す必要があります。
口にするものは直接自分の体をつくるものとなります。
そのため何を摂取するのかということをよく考えてから摂取する必要があります。
脂質や糖質などの摂取を控え脂肪がたまりにく体質にすることで少しずつ痩せ体質に変化させることが可能です。
ダイエットで必要なことは継続することです。急なダイエットはリバウンドを引き起こしやすく間違ったダイエット方法といえます。
毎日継続することで少しずつ効果を出すことが正しいダイエット方法といえます。

主食は黒い食材がオススメ

2014/09/23

ダイエットの時には黒い食材を主食にすると良いといわれています。それではどのような食材があるのでしょうか。

 

玄米やライ麦、蕎麦などが思い浮かぶことでしょう。これらの食材はダイエットには断然有利だといわれているようです。わたしたちは日常的に選ぶ主な食材といえば白いものを食べることが多いと思われますが、うどんを蕎麦に変えたり、食パンをライ麦パンに変えたり、コーンフレークをオールブランにすると効果的なのではないかと思われます。これらからはダイエットに有効な栄養を摂ることができます。

 

そしてこの色の違いは、原料である穀物の精製方法にあるのです。

 

例えば白米は、米の表皮部分が全て取り除かれていますが、玄米はそのままの状態です。これにより表皮部分に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維もまるごと摂取できるので、栄養のバランスがよくなります。穀物の表皮に含まれるビタミンであるB1やB2には、糖質と脂質の代謝を促進する効果があります。またミネラルの一つであるマグネシウムには血液と筋肉の使われる栄養素があります。そして食物繊維が腸を健康に保ってくれるでしょう。こんなにも豊富な栄養が含まれているなら取らない訳にはいかないでしょう。

筋トレ後のプロテイン摂取が効果的

2014/09/23

筋トレ後にプロテインを摂取することが有効なのは、トレーニングを行った後には成長ホルモンが多く放出されるからです。そのためこの時間帯において、たんぱく質を摂取することは、より筋肉を大きくすることに効果を発揮してくれるのです。

 
筋力トレーニングで大切なことは、しっかりとしたトレーニングを行うことですが、その後のケアも重要になるのです。トレーニングを行ったとしても、筋肉が回復されなければ、いつまでたっても弱い筋肉のままになってしまうのです。なので回復を行うことは、トレーニングと同じぐらい大切なことなのです。

 
筋肉はたんぱく質でできています。そのため筋肉を成長させるためには、たんぱく質が必要になるのです。しかしたんぱく質は筋肉だけではなく、肌や内臓、髪の毛などの材料となります。そのため筋肉を使用したのならば、回復させるためにはたくさんのたんぱく質が必要なのです。これが不足してしまうと、内臓を傷つけてしまったり、また肌荒れが引き起こされてしまいます。

 

葉02
たんぱく質の吸収力を高めるためには、筋トレ後が有効なのです。この時間帯は筋肉のゴールデンタイムであるために、通常よりもたんぱく質の吸収量が増えるようになるのです。

筋トレの効果を上げてくれるアミノ酸とは

2014/09/23

スポーツ科学の発達により、様々なスポーツに必要な筋肉の付け方が研究されてきました。

 

トレーニング方法は勿論のこと、近年では食事や栄養の取り方が詳細に研究され、スポーツ栄養学と呼ばれる学問体系が出来上がりました。スポーツ栄養学はスポーツ選手のみならず、一般の方への応用も利きます。その一つがダイエットです。ダイエットには目的や期間に応じた様々なものがありますが、長く安定したダイエット効果を継続させるには運動を取り入れたものが一般的です。運動の効果はカロリーを消費するだけでなく、太りにくい体を作る事にあります。太りにくい体とは基礎代謝量が多い体です。体質的なものでは体温が高い人は熱発散が多いために太りにくいように、筋肉量が多い人も基礎代謝が高いため太りにくいのです。太りにくい体を手に入れるための方法が筋肉トレーニングになります。先のスポーツ科学の成果により、効果的な筋肉トレーニングと食事法の組み合わせが分かってきました。筋トレダイエットにおいて、筋トレ前に飲むと効果的なものが必須系の分岐鎖アミノ酸(BCAA)です。

 

 

BCAAは効率的な筋肥大に役立ち、体脂肪を優先的に消費する作用があります。筋トレ前の摂取にはサプリメントを用いるとよいでしょう。また、筋肉が作られる筋トレ後に摂取すると良いのがグルタミンです。筋肉はトレーニング直後から1時間の間に作られやすいので、吸収が早いサプリメントを運動後30分以内を目安に摂取すればよいでしょう。このように脂肪燃焼と筋肉増強のためにはそれぞれトレーニング前後の摂取が望ましい種類があります。サプリを活用し、効果的な筋トレダイエットを行いましょう。

筋トレダイエットと食事制限ダイエットを徹底比較

2014/08/29

葉01筋トレと食事制限のダイエットの違いは、体重において筋肉の失われ具合の違いです。筋力トレーニングを行いダイエットを行う場合には、ある程度の筋量を維持しながら体重を減らすことになります。つまり、筋肉を減らすことをメインとはせずに、体脂肪の燃焼をメインにするのです。一方食事制限の場合には、体重を減らすことがメインとなります。そのため脂肪と同時に筋肉も同時に落としてしまうことになるのです。これが筋力トレーニングダイエットとひかくしての違いなのです。

 
どちらが優れているかは、ダイエットの目的により変わります。すぐにでも効果が欲しく、体重を減らしたい場合には、食事を制限することが優れています。ダイエットにおいては、摂取カロリーを少なくし、消費カロリーを増やすことが必要になります。しかし摂取カロリーを減らすことの方が、この差を大きくすることにおいて、容易なのです。なので食事を制限することの方が、ダイエットにおいては大きな効果を発揮してくれるのです。

 
しかしこの方法では、筋量も同時に減らしてしまうことになります。そのため基礎代謝も同時に低下してしまうことになり、減らした食事量を維持し続けなければ、リバウンドの原因になってしまうのです。