筋トレの効果を上げてくれるアミノ酸とは

スポーツ科学の発達により、様々なスポーツに必要な筋肉の付け方が研究されてきました。

 

トレーニング方法は勿論のこと、近年では食事や栄養の取り方が詳細に研究され、スポーツ栄養学と呼ばれる学問体系が出来上がりました。スポーツ栄養学はスポーツ選手のみならず、一般の方への応用も利きます。その一つがダイエットです。ダイエットには目的や期間に応じた様々なものがありますが、長く安定したダイエット効果を継続させるには運動を取り入れたものが一般的です。運動の効果はカロリーを消費するだけでなく、太りにくい体を作る事にあります。太りにくい体とは基礎代謝量が多い体です。体質的なものでは体温が高い人は熱発散が多いために太りにくいように、筋肉量が多い人も基礎代謝が高いため太りにくいのです。太りにくい体を手に入れるための方法が筋肉トレーニングになります。先のスポーツ科学の成果により、効果的な筋肉トレーニングと食事法の組み合わせが分かってきました。筋トレダイエットにおいて、筋トレ前に飲むと効果的なものが必須系の分岐鎖アミノ酸(BCAA)です。

 

 

BCAAは効率的な筋肥大に役立ち、体脂肪を優先的に消費する作用があります。筋トレ前の摂取にはサプリメントを用いるとよいでしょう。また、筋肉が作られる筋トレ後に摂取すると良いのがグルタミンです。筋肉はトレーニング直後から1時間の間に作られやすいので、吸収が早いサプリメントを運動後30分以内を目安に摂取すればよいでしょう。このように脂肪燃焼と筋肉増強のためにはそれぞれトレーニング前後の摂取が望ましい種類があります。サプリを活用し、効果的な筋トレダイエットを行いましょう。

コメントは受け付けていません。